包茎は問題が色々あるので注意

仮性包茎の人は多いのではないでしょうか。
日本人の場合には、半数近くが仮性包茎だともいわれています。

仮性包茎は、通常通りセックスはできますから、そのまま放置してしまう人も多いですよね?
でも包茎だと色々問題が起きやすく、最悪、自分やパートナーががんになることもあるとのこと。

なので包茎は放置せず、治すようにしてしまった方がいいと思います。
ヴィトックスαなどサプリで増大するのは、包茎も自然に治るのでおすすめです。

包茎の問題点は?

コンプレックスを持ちやすい

包茎の人は、コンプレックスを持ちやすいと思います。
「オレは気にしていない」などと言いながら、銭湯などでは、無意識に前を隠してしまうことも多いのではないでしょうか?

このコンプレックス、意外に小さくない影響があるそうです。
自分に自信が持てなくなり、マイナス思考に陥ったり、性格が暗くなったりすることもあるのだとか。

包茎を治したことで、「仕事がうまくいくようになった」などというのも、よく耳にすることです。

ニオイやすい

包茎は、亀頭を包皮が覆ったままの状態になりますから、そこに尿がたまって雑菌が繁殖し、不潔になりやすいですよね。
悪臭を放ったりすることもあると思います。

ペニスがニオウのは、女性は特に嫌うそうです。
包茎でコンプレックスを持っている上に、女性から嫌われてしまっては、立つ瀬がありませんよね?

性病などに感染しやすい

包茎は、不潔になりやすいことから、感染症にかかりやすいのだとか。
亀頭に繁殖した雑菌が、亀頭にキズなどができて体内に入れば亀頭包皮炎に、尿道に入れば尿道炎になるそうです。

また雑菌が繁殖しやすいことから、性病にも感染しやすいとか。
性病は、パートナーにも感染するので、注意しないといけないですよね?

さらに感染症が悪化すると、最悪、陰茎がんになることもあるとのこと。
陰茎がんになってしまえば、ペニスは切断するしかなくなるそうです。

パートナーが子宮がんになりやすい

一番最悪なのは、包茎が自分だけの問題ではなく、パートナーにも影響をあたえること。
包茎だと、パートナーが子宮がんになりやすいという統計結果があるそうです。

原因は、亀頭に感染した雑菌が、パートナーの子宮などへも感染するから。
このように包茎は、大きな問題を引き起こすこともあるそうですから、注意しないといけないですね。