包茎手術はクリニックで受けるのがおすすめ

包茎で悩んでいる人も多いと思います。
包茎には、

  • 真性包茎
  • カントン包茎
  • 仮性包茎

の3種類があり、このうち仮性包茎は、ヴィトックスαなどサプリで増大すれば、大体は治ってしまうそうです。

包茎は、ペニスを包む包皮の長さに対し、ペニスの長さが短いことが原因なわけですよね?
増大してペニスが大きくなれば、それは解決してしまうからだとか。

でも真性包茎、カントン包茎の場合には、そういう訳にはいかないとのこと。
やはり手術が必要になるみたいです。

ところでこの真性・カントン包茎の手術、病院で受けると健康保険が適用になり、安く済むみたいですが、問題も多いと聞きます。
包茎手術は、やはり専門クリニックで受けるのがいいようです。

病院での手術は安いが問題もある

真性包茎の場合には、包皮を手で剥こうと思っても、剥くことができないそうです。
またカントン包茎の場合には、通常時は手で剥けても、勃起時は剥けなくなるのだとか。

なので真性・カントン包茎だと、普通にセックスすることができないことになるわけですね?
そこでこれは「病気」と認定されていて、その治療には、健康保険が適用になるそうです。

健康保険が適用になれば、3割負担ですから、手術費用はだいぶ安くなります。
ただし健康保険は、専門クリニックでの手術は適用にならず、病院で手術を受けることが必要になるとのこと。

この病院での手術ですが、術後が汚くなってしまうことが多いそうです。

病院は、包皮が亀頭を覆ったままの状態が改善できればいいと考えるのだとのこと。
そのため、術後の見た目などにはほとんど気を使わないのだとか。

そのため、包茎手術を受けたことが、誰の目にもハッキリ分かるようになるそうです。

でも包茎手術には、ただ症状の改善というだけでなく、「コンプレックスの解消」という側面もありますよね?
自信をもってセックスしたいから包茎手術を受ける場合も多いのに、術後に手術を受けたことがはっきりと分かるようだと、あまり意味がありません。

包茎手術はクリニックで受けるのがおすすめ

それにたいしてクリニックでの包茎手術は、術後の見た目にもきちんと気を配ってくれるとのこと。
美容整形の技術も駆使して、できるだけ目立たないようにしてくれるそうです。

包皮を切断する場所や、縫合の仕方などを工夫して、何も知らない人がみれば、手術したとは分からないとか。

なので費用は多少高くはなりますが、包茎手術はクリニックで受けるようにするのがおすすめです。

手術は、してしまえば取り返しがつかなくなります。
「転ばぬ先の杖」の配慮が必要ですよね。